• pulldesign

アードベック


このアードベックは村上春樹の著書。 「もし僕らのことばがウィスキーであったなら」で、 アイラのピーティなシングルモルト中でも、 一番個性が強いと評価しているシングルモルトです。

アイラ島はもともとラフロイグ、ボウモアと、 ピーティなシングルモルトの産地で有名なんですが、 その中でも強烈な個性を放っているのが、 アードベックです。

吉村宗之の「うまいウィスキーの科学」では、 アードベックのティストをこんな風に表現しています。 舌を包み込む土っぽいテクスチャーと、 まるで液体の煙を飲んでいる様なスモーキーさが、 複雑に絡み合って、 口の中に含むと、潮風、リンゴ、草原、漁船、 オイル、塩素、タールなどの風味が次々に押し寄せてくる。

と、こんな事が書いてあります。 最初、ぼくはこの批評を読んでウィスキーの喩えに、 「漁船」「塩素」「タール」、なんて感じる、 ウィスキーって人間の飲み物なんだろうかって、 本当に読みながら絶句してしまいました。

ウィスキーの中に「漁船」の味があるって、 そうとうシュールです。

「漁船」は何かの喩えなのか文字通り「漁船」が、 口の中で広がるのか、

とにかく、満を持して飲んでみたわけですが、

しかし予想に反して本当に美味しいです。

やはりテイストの中に「漁船」はいます。

しかし、ちゃんとしたフルーティさの中に、 土臭いピーテイな味わいが口の中で幾重にも広がり、 ボデイが厚いので長く余韻を楽しませてくれます。

もの凄く個性的で、あらっぽいですが、 僕はラフロイグよりスモーキーさが、 全体の中にとけ込んで、まとまっている様な気がします。

名入れグラスとはに戻る


#バカラグラス2017 #バカラ名入れ

0回の閲覧

プルデザインです。

​ご気軽に、ご連絡ください。

Emile:pull_design@me.com 
TEL029-802-0804

​携帯  :090-3507-7748

留守電を残していただければこちらからお電話を致します。

pull_design